読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然備忘録

雑記。

唐突にエロゲーのOPムービーとかを振り返りたく

今となっては当然のように、エロゲーにはOPムービーが搭載されている。
これは単に普及しているPCのスペックが上がった結果なのだが、
15年ほど前はほとんどのゲームにはOPムービーがなかった。
(プログラム上で動作させるOPまがいのものは存在した)

 

2004年頃にはぼちぼちPCのハードディスク容量も増えだし、
スペックにもある程度の余裕が生まれ、DVDというメディアが主流になり始めたことで
OPムービーの搭載は標準化されることとなる。

OPムービーの内的な話をすると、現2016年のものと比較しつつ
過去から遡ってみると、単純な演出的な進歩に加えて、
デザイン性の上昇には目を張るものがある。
これはエロゲーというジャンルを超越して、オタク市場における
デザイン分野(ムービーだけではなく、DTP全般)が
ちょうど重視され始めた頃と機を同じくしている。

2000年中期~後期のエロゲーのムービーは、
多かれ少なかれアニメーションを取り入れたものが多かった。
これは製作者側がアニメ業界を意識していたからなのか、
単にバブリーな時代だったからかは解らないが、顕著である。

2010年台になると、エロゲー業界の規模縮小とともに
アニメーションがメインのムービーは身を潜める。
代わりに台頭してくるのが、3Dとモーショングラフィックスである。

3Dは単にPCスペックの向上による恩恵といっていいだろう。
モーショングラフィックスとは、2005年頃から"URA氏"が
ムービーにいち早く取り入れていた手法である。
アニメーションではないものの、オブジェクトを動かすことで
なんとなく視聴者に飽きさせずに、
なんとなく派手な出来に仕立てあげることができる。

アニメーションに変わって安価な3Dとモーショングラフィックスによって
2010年台のエロゲー動画は作られていくことになる。
(とはいえ、お金のあるところはあいかわらすアニメを採用していた)

それでは、この辺のムービーの転換を意識しながら遡ってみましょう。

 

2000年

AIR/Key


プログラムで作られた”ムービーっぽいもの”の代表例は

かの有名な「AIR」である。
静止画を一枚一枚差し替え、文字を表示しているだけに過ぎないが、
当時としては革新的だったのだろう。
そもそも、このようなプログラムのOPですら搭載されていることが
少なかった時代である。

 

2001年

吸血殲鬼ヴェドゴニア/ニトロプラス

この時期から既に3Dを採用していたニトロプラスは、
前衛的であり先見的でもある。

 

2002年

BALDR FORCE/戯画

エロゲーらしいムービーがようやく現れ始める。
神月社氏によるものだが、この頃はまだムービーの必要性について
各メーカーは懐疑的であったらしい。
この「BALDR FORCE」のムービーが話題となったことで、
仕事をもらえることが多くなったとか。

 

Wind -a breath of heart-/minori

BALDR FORCE」とは対照的にアニメーションがメイン。
まだあまり有名ではなかった頃の、新海誠氏によるアニメーション。

 

2003年

大番長/アリスソフト

完全にTVアニメを意識したような構成のアニメーションに。

ぽぽたん/ぷちふぇれっと

化物語などで一世を風靡した渡渡辺明夫氏によるもの。
作風はこの頃から変わっていません。

 

2004年

Fate/stay night/TYPE-MOON

同じくTVアニメのようなOP。
この頃になると、アニメーションを使用したムービーが
多くのメーカーで採用され始めている。

 

はるのあしおと/minori

新海氏によるムービー。
エロゲームービーの話となるとminoriをスルー出来ないのは仕方ない。

 

3Days/Lass

同年のアニメーションではないものも。
アニメではないものの、プログラムのものと比較しても大分派手に仕上がってます。

 

2005年

いただきじゃんがりあんR/すたじおみりす

アニメーションに新鮮さもなくなってきた頃、
ひっそりと話題になっていたのが上にも記したURA氏のムービー。
モーショングラフィックスとキャラクターが上手いこと融合。
これを元にしたいろいろなFLASHが有志によって作られたりしました。

ToHeart2/Leaf

とはいえ、世界はまだまだアニメーション。
こちらも「ぽぽたん」同様、アニメーションは渡辺明夫氏。
もうこのレベルになってくると、本当にTVアニメと見分けがつかない。

 

2006~2007年

特に特記すべきムービーはないように思われる。
エロゲームービー史における停滞期といったらこの時期ではなかろうか。
(なにかあったらごめんなさい)

 

2008年

ef/minori

特に挙げることもないような気がしないでもないが、
出来栄えの面ではやはり一線を画している。
言わずもがな新海氏作成。

 

水平線まで何マイル?/ABHAR

特に技術的に革新的なものではないが、デザインの方に焦点を合わせてみると
かなり先見的であることがわかる。
今主流のフラットデザインをいち早く取り入れ、
ゲームに合った爽やかなものに仕上がっている。
神月社氏の現在まで続く制作コンセプトの原点とでも言えるような作品だろうか。

殻ノ少女/Innocent Grey

好きなエロゲーOPムービーの集計を取ると
だいたい上位に食い込んでくる有名なムービー。
デザイン性の高さは随一。

 

2009年

装甲悪鬼村正/ニトロプラス

ニトロらしいムービー。
この辺になってくると、PCのグラフィック性能も大分向上し、
2016年と比較してもまったく遜色ない。
どちらかと言えば3Dに力を入れている。

 

痕-リニューアル-/Leaf

対照的に全編アニメーション。
既にエロゲーの市場縮小が始まっており、
この頃を境にアニメーションのOPは徐々に影を潜めていくことになる。

 

クロウカシス/Innocent Grey

対象的なこちらのムービー。
”目を惹く”ムービーというのが、アニメかデザイン性の高いものかの
二種類に分かれてくる。

 

2010年

魔界天使ジブリール4/FrontWing

URA氏&渡辺明夫氏のタッグ。
モーショングラフィックスとアニメーションがうまく合わさっている。
この辺りからか、オブジェクトがビカビカ光る演出がよく使われるようになる。

 

2011年

グリザイアの果実/FrontWing

これもURA氏&渡辺明夫氏のタッグ。
これといって進展があったわけではないが、
お金を持っているメーカーと、そうでないメーカーの差が
ムービーだけを見ても顕著に出るようになってきている。

 

AQUA/AORAHANE

3Dが台頭してきたのはこの辺りからだろうか。

euphoria/CLOCKUP

同じく3Dガンガン系。

 

ダイヤミック・デイズ/Lump of Sugar

こちらはモーショングラフィックス系。
ラノベ宜しく明るい作風のゲームが増えたのも、
モーショングラフィックスが主流になった理由の一つだろう。
なお、この辺りでアニメーションはほぼ死滅している。

 

2012年

この大空に翼を広げて/PULLTOP

基本的にはモーショングラフィックス
キャラクターが3D化している点に注目。

 

2013年

フレラバ/SMEE

注目ポイントは、サビのあたりの
女の子の髪が揺れているシーン。
アニメーションが衰退したエロゲームービー界では今後、
このようなキャラの一部を立ち絵のまんま動かすという
表現手法を取っていくことになる。

 

2014年

特に特記事項無し

 

2015年

赤い瞳に映る世界/FAVORITE

あまりに代り映えしないので、最近のエロゲムービーはだいたいこんなん、
ってのを貼る。だいたいこんなんです。

Maggoto baits/CLOCKUP

最期に変化球を投げて終わりたい。

 

 

 

 

と、このような感じでムービーだけを抜き出しても
エロゲーの盛衰が見て取れるわけですね。
にしても、最近のエロゲーはムービーすらも
新しい方向に行きそうな気配がないのは残念な限りだ。

にしても、やはりアニメーションの視覚への訴求力はなかなかのもので、
金銭的な理由から作れないとなると広報的なダメージは大きいだろう。
ともすると、デザイン性を重視した作品の登場は必然かもしれない。
これからはキャラクターではなく、デザインで魅せる時代が来るのだろうか。