徒然備忘録

雑記。

聖杯による記号化の解除

fete/zero成功の勢いそのままにリメイクが決定した「ufotableFate/stay night」。
現在絶賛放映中である本作。

テンポ悪いなぁとか諸々の不満はさて置いておくとして。

遠坂凛の言動がいちいちイタい!

ゲーム版Fateが発売されたのは2004年。既に10年も前の話である。
2004年といえばちょうど「ツンデレ」という属性がブレイクした年代を前後している。

沢近愛理スクールランブル)/2002年
神楽坂明日菜(ねぎま)/2003年
・ルイズ(ゼロの使い魔)/2004年
つよきすのキャラ/2005年
花鳥玲愛パルフェ)/2005年
逢坂大河とらドラ)/2006年

とにかく「金髪・ツインテール・勘違いしないでよね!」の3点セットが隆盛した。
そして、Fateに登場する遠坂凛も、金髪でないにしろ「ツインテール・勘違いしないでよね!」を装備した、
標準的なツンデレキャラである。

しかしヲタ界隈を席巻した「ツンデレ」も今は昔、
2010年あたりを境にあまり見かけなくなっていく。
記号化されたキャラクターの寿命は決して長くない。
記号化されるということは、簡単に複製可能であることを示す。
大量の複製が作り出されると、大量に消費され始める。
結果、鮮度を失ってしまうのである。
「経済の長期均衡」という概念があるが、同じような理屈だ。
人は”飽きる”のだ。


原作からの改変なしで、10年前の作品をリメイクする、というufotableの心意気は素晴らしい。
しかし、記号化されつくしたツンデレ遠坂凛が時代時代錯誤なのは致命的だ。
正直見るに堪えない。

聖杯が現代の知識を与えて英霊を召喚するのなら、
聖杯である製作者が、登場キャラクター(英霊)に対して最低限の現代の知識を
与えた上で、「”記号化”を解除する」という試み必要だったのではないだろうか。
そのぐらいの改変は許されるべきだと思う。


Fate/stay night: Unlimited Blade Works (TV) OP