徒然備忘録

雑記。

記号化という楔を越えて

fete/zero成功の勢いそのままにリメイクが決定した「ufotableFate/stay night」。
現在絶賛放映中である本作。

テンポが悪いとか諸々の不満はまぁさて置いておくとして。

なんか、遠坂凛の言動がいちいちイタい!

 そもそも、ゲーム版Fateが発売されたのは2004年。10年も前の話だ。
2004年といえば「ツンデレ」がブレイクした年代を前後する。

代表的なツンデレキャラ
沢近愛理スクールランブル)/2002年
神楽坂明日菜(ねぎま)/2003年
・ルイズ(ゼロの使い魔)/2004年
つよきすのキャラ/2005年
花鳥玲愛パルフェ)/2005年
逢坂大河とらドラ)/2006年

 とにかく「金髪・ツインテール・勘違いしないでよね!」の3点セット、
ツンデレの記号化が急速に進んでいったのがこの年代辺りだった。
遠坂凛も金髪ではないが「ツインテール・勘違いしないでよね!」を装備した、
記号化されたツンデレキャラなのだ。

しかしそんなヲタ界隈を席巻した「ツンデレ」も今は昔、
2010年あたりを境にあまり見かけなくなっていく。
記号化されたキャラクターの寿命は決して長くないのである。
記号化されるということは、簡単に複製可能であることを示す。
大量の複製が作り出されると、大量に消費され始める。
結果、鮮度を失ってしまうのである。
人は”飽きる”生き物だ。


原作からの改変なしで、10年前の作品をリメイクする。
心意気は全く素晴らしいしスタンディングオベーションしたいのだけど、
既に記号化されつくした遠坂凛というツンデレ
時代に馴染んでいないのは致命的に見える。

聖杯が現代の知識を与えて英霊を召喚するのなら、
聖杯である製作者が、登場キャラクター(英霊)に対して最低限の現代の知識を
与えた上で、「”記号化”を解除する」という試みを施しても良かったのではないだろうか。
そのぐらいの改変は許されるべきだと思う。


Fate/stay night: Unlimited Blade Works (TV) OP