読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然備忘録

雑記。

隠された文脈を理解すること

パブロ・ピカソの「ゲルニカという作品がある。
審美眼など持ち合わせていない者にとって、この作品を語ることは難しい。
しかし一方で、この作品に陶酔し評価する人々が大勢存在するのも事実である。f:id:godin:20141104202943j:plain

芸術作品は、ハイコンテクスト・カルチャーの最たるものの一つだ。
審美眼を持つ人間、芸術を評価できる人間が「ゲルニカ」を観た時、
彼らの目にはなにが視えているか。

芸術作品を評価する時、彼らは絵を一つのパーツとして理解する。
絵の裏側に隠された文脈、テクストを読み取ろうとしている。

それは、当時の国内政治情勢であったり、空襲の降る町の風景であったり、
またピカソ本人の生い立ちや人間性、心情であったりする。

審美眼を磨くということは、つまるところ芸術史・文化史など史学について精通することだ。
何の前提知識もない者が芸術を観たところで絵は絵でしかない。
美的知識を蓄えることで、裏側に隠されたテクスト、文脈が浮き彫りになるのだ。
 

芸術作品のように、ハイコンテクスト・カルチャーは時代を踏襲し象徴する特徴があるため、
時を超えて”残り易い”とも言える。
同じハイコンテクスト・カルチャー仲間である「萌えコンテンツ」
後世に語り継がれることになるのだろうか。
今の段階では誰にもわからない。
歴史は、全て後天的に評価されるものだからだ。

座して見守ることにしよう。”萌え”という、未だ発展途上の超・ハイコンテクスト分野を。